しるえっと どっと ほーりー

日記と気になるネタ、あと自分で気が付いた事を忘れない為にメモ書き等

スポンサーサイト


元記事スポンサーサイト

へのリンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウィルコムはつらいよ W-ZERO3 山陽道を行く

最初の東北自動車道での電波状態ランプでの確認は適宜行っていたものの
実際に使ってどーなのかが解らんつーことで、試したのが今回。

別に都市間を結ぶ高速道路であればドコでもいいのですが
普段であれば、高速乗るときにはドライバーやってますんで、操作は無理
そんなんだから試す価値程度はあるかもしれない
先日の下関から戻るときには、夜行バスでしたんで、弄ってみましたよ、ってのが今回
と、言えば多少聞こえは良いかも知れないが夜行バスは暇だったんですよ。

さて人口カバー率99%なウィルコム
人口なきところはカバーされないのは携帯電話でもおなじこであるが
山間部が多いので意外とテストに成らなかったりするのも悩み。
東北自動車道はモットきついけど

この「人口カバー率」実際の計算は現実から見ればかなり適当で
ケータイWatch ケータイ用語の基礎知識 第198回:人口カバー率 とはから引用すれば
日本国内の場合、人口カバー率の計算方法は、「国内総人口に対する、市町村役場において携帯電話サービスの利用が可能である市町村の人口の総和の割合」として求めています。
かの携帯電話だって100%ではないですし、国土とか本土とかでもありません。
全く役にたたない数値なわけですがな。

大切になってくるのはエリアマップ
見れば一目瞭然であるが、紙で持って歩くわけじゃないんで確認はできん。
試すのは、速度的な追従性であってエリア外で使うことじゃないんで、とりあえず。


都市内の高速道路では、高速バスでは通話も何とかなる。
そんだけ。
それ以外は、エリア的に無理。

コレだけじゃツマランので
「携帯電話が使えるように処置されたトンネル内ではウィルコム端末は使えるか?」
結果は、使えませんでした。
使えないものは使えない、それだけだ。

ネタがネタだけに、答えだけ書くと、短いからねぇとか言ってみるが
しかしながら内容薄いな。
新しい記事へ移動する  
  過去の記事へ移動する
コメント
この記事へのコメント
この記事へのコメントを書く
[非公開]管理人にメッセージを送る

パスワードは、「ID生成」「コメントの編集」に使用します。

コメントの編集は、IDから編集画面へリンク

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
<%trackback_urlaaa>
この記事へのトラックバック
 
 
トップへ

買い物

FC2Ad

書いてる人:もーん@管理人

苦情・罵倒等はこちらから。

買ったモノ
ワンセグ向けブースター
exemode
B660
[関連記事]
テンキー + 電卓 + マウス
Canon
LS-100TKM
[関連記事]
microSD + SDカードリーダー
ロアス
CRW-2M32
[関連記事]
USB片手キーボード
ミサワホーム
CUT Key
VC-201
[関連記事]
USBワンセグチューナー
サンワサプライ
VGA-TV1S
[関連記事]
ポータブルナビゲーションソフト
edia
MAPLUSポータルブナビ
GPSアンテナ同梱版
[関連記事]
テレビゲーム機
SCEI
PLAYSTATION 3
HDD 60GB
[関連記事]
簡易型積算電力量表示器
タケモトデンキ
エコワット
T3T-R
[関連記事]
USB接続HDDケース
センチュリー
ドライブドア テラタワー
[関連記事]
BlueToothネックバンド型
ヘッドセット
mobilecast
MPX2000AD
[関連記事]
ブログ内検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
サブカテゴリ
カテゴリ
アーカイブ
管理用
試験用プラグイン
copylight
もーん@しるえっと どっと ほーりー
注意事項
時間経過、法令等改正による現行法令等との不整合、誤認等による記事の修正を行っていない場合があります。掲載月日は各記事右上に記載してありますので、ご確認くださるようお願いいたします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。