しるえっと どっと ほーりー

日記と気になるネタ、あと自分で気が付いた事を忘れない為にメモ書き等

スポンサーサイト


元記事スポンサーサイト

へのリンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お手軽トラックバックスパム対策

知り合いと「トラックバックスパム対策なんかやってる?」って話になって思い出した
そーいや、暫定措置から3ヶ月
それなりに効果はあったっぽい

トラックバックスパムの想像される手順は、
1.新着記事を集める
2.記事のソースからトラックバックURLを探す(XMLで記述してればそっから)
3.トラックバックを送る。
こんなもんだと思う。
トラックバックURLは一定条件で作成される文字列に過ぎないので

だったら、
ブログ本文にトラックバックURLと同じ構造を持つ文字列を置いておく。
と、いう手段を取って見ました。

あとは
自動拒否
ドメインで拒否
・「ナウでヤングな」ドメイン
・「藤原紀香は付いてこないアパート」なドメイン
・エキサイトブログ
上2つは、spamしか、来たことが無い。
エキサイトブログは、トラックバックのシステムが会員専用となっているので

キーワードでの拒否
これは、好き好きで適当に。
スパムでありがちなものは入れてある。


手動削除
検索キーワードだけでたどり着いた様なヤツは削除かな。
主観によるってところで
新しい記事へ移動する  
  過去の記事へ移動する
コメント
この記事へのコメント
こういうことで防げるんですね carmania 2007/02/06(火) 23:25 ID:-
ソース見させていただきました。
こういうことで防げるならうちも導入しようかと思いましたよ。

でも投入は難しそうですね。
もーん@管理人 2007/02/07(水) 02:39 ID:-
基本的なアイディアの提案ですからね

記事毎に同じ様にしていないのが、気をつけた点ですかね。
この実装方法はBlogのシステムに合わせないとイカンのですよ。
ブログツールによると carmania 2007/02/07(水) 17:07 ID:-
carmaniaが使っているLunascapeのBlogツールだと
もーんさんのブログにはトラックバックが表示されないです。

どうもプログラムも戸惑わせるほど効果が高いのでしょう。
もーん@管理人 2007/02/08(木) 04:50 ID:-
それはですねぇ
<rdf:RDF>~</rdf:RDF>
のところのトラックバックURLを削ってるからじゃないですかね?
この記事へのコメントを書く
[非公開]管理人にメッセージを送る

パスワードは、「ID生成」「コメントの編集」に使用します。

コメントの編集は、IDから編集画面へリンク

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
<%trackback_urlaaa>
この記事へのトラックバック
 
 
トップへ

買い物

FC2Ad

書いてる人:もーん@管理人

苦情・罵倒等はこちらから。

買ったモノ
ワンセグ向けブースター
exemode
B660
[関連記事]
テンキー + 電卓 + マウス
Canon
LS-100TKM
[関連記事]
microSD + SDカードリーダー
ロアス
CRW-2M32
[関連記事]
USB片手キーボード
ミサワホーム
CUT Key
VC-201
[関連記事]
USBワンセグチューナー
サンワサプライ
VGA-TV1S
[関連記事]
ポータブルナビゲーションソフト
edia
MAPLUSポータルブナビ
GPSアンテナ同梱版
[関連記事]
テレビゲーム機
SCEI
PLAYSTATION 3
HDD 60GB
[関連記事]
簡易型積算電力量表示器
タケモトデンキ
エコワット
T3T-R
[関連記事]
USB接続HDDケース
センチュリー
ドライブドア テラタワー
[関連記事]
BlueToothネックバンド型
ヘッドセット
mobilecast
MPX2000AD
[関連記事]
ブログ内検索
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
サブカテゴリ
カテゴリ
アーカイブ
管理用
試験用プラグイン
copylight
もーん@しるえっと どっと ほーりー
注意事項
時間経過、法令等改正による現行法令等との不整合、誤認等による記事の修正を行っていない場合があります。掲載月日は各記事右上に記載してありますので、ご確認くださるようお願いいたします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。