しるえっと どっと ほーりー

日記と気になるネタ、あと自分で気が付いた事を忘れない為にメモ書き等

スポンサーサイト


元記事スポンサーサイト

へのリンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「道の駅みんまや」と「竜飛ウインドパーク」と「青函トンネル記念館」

竜飛ウインドパークの施設のうち風車以外を外ケ浜町及び第三セクターに譲渡する基本合意をしたとの事
東北電力プレスリリース
東北電力お客様センターに確認したところ
土地や変電設備などの関連資産に竜飛ウインドパーク展示館も含まれる予定ということなんだそうだ
研究施設といえど、風車を譲渡に含まれない、風力発電施設てーのはどうよ?
とか思ったりするが、そーゆーことは、おいておくとして

「道の駅みんまや」はどーなんなよ?と
多分やるであろう東北 道の駅スタンプラリー 2007(勝手に呼称)に向けて
現時点にて理解よく判らない「道の駅みんまや」で、調べたことを書いてみる
ウィキペディアでの「道の駅みんまや」は「東北電力 竜飛ウインドパーク展示館」となっているがどうやら違うらしい

「道の駅みんまや」
国土交通省 東北地方整備局ホームページ内の道の駅の情報を参照する限りは、住所,電話番号から察するに、駅舎は「青函トンネル記念館」
・ただし、基本的に有料施設であるため、無料休憩施設として「東北電力 竜飛ウインドパーク展示館」の記載があり、故に「青函トンネル記念館」及び「竜飛ウインドパーク」が「道の駅みんまや」と解釈するしかない。

青函トンネル記念館
・入館料200円という有料施設、コレとは別に展示場見学料及び体験坑道乗車券は別にある
・売店,レストランもこちらの建物内にある。建前論で言えば利用には入館料が必要だが、見聞きする限り、払ったという話は聞こえてこない。

竜飛ウインドパーク展示館
・現時点にて東北電力の展示館 入館料は無料
・竜飛ウインドパークでの実証研究を、平成19年3月末で終了するが平成19年4月以降も当面営業は続ける予定。
・平成19年9月末までに、本展示館を含め外ケ浜町,第三セクターまたはその両方に譲渡予定

ところで、商業運転に意向を示す外ケ浜町及び第三セクター。採算ベースに乗せられなかったらどーするの?とかいう疑問はあるったり。
登録上、青函トンネル記念館が道の駅である以上は、登録抹消ということはなさそう。
新しい記事へ移動する  
  過去の記事へ移動する
コメント
この記事へのコメント
この記事へのコメントを書く
[非公開]管理人にメッセージを送る

パスワードは、「ID生成」「コメントの編集」に使用します。

コメントの編集は、IDから編集画面へリンク

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
<%trackback_urlaaa>
この記事へのトラックバック
 
 
トップへ

買い物

FC2Ad

書いてる人:もーん@管理人

苦情・罵倒等はこちらから。

買ったモノ
ワンセグ向けブースター
exemode
B660
[関連記事]
テンキー + 電卓 + マウス
Canon
LS-100TKM
[関連記事]
microSD + SDカードリーダー
ロアス
CRW-2M32
[関連記事]
USB片手キーボード
ミサワホーム
CUT Key
VC-201
[関連記事]
USBワンセグチューナー
サンワサプライ
VGA-TV1S
[関連記事]
ポータブルナビゲーションソフト
edia
MAPLUSポータルブナビ
GPSアンテナ同梱版
[関連記事]
テレビゲーム機
SCEI
PLAYSTATION 3
HDD 60GB
[関連記事]
簡易型積算電力量表示器
タケモトデンキ
エコワット
T3T-R
[関連記事]
USB接続HDDケース
センチュリー
ドライブドア テラタワー
[関連記事]
BlueToothネックバンド型
ヘッドセット
mobilecast
MPX2000AD
[関連記事]
ブログ内検索
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
サブカテゴリ
カテゴリ
アーカイブ
管理用
試験用プラグイン
copylight
もーん@しるえっと どっと ほーりー
注意事項
時間経過、法令等改正による現行法令等との不整合、誤認等による記事の修正を行っていない場合があります。掲載月日は各記事右上に記載してありますので、ご確認くださるようお願いいたします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。