しるえっと どっと ほーりー

日記と気になるネタ、あと自分で気が付いた事を忘れない為にメモ書き等
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
auで8月より申し込みが開始される、ダブル定額スーパーライト
ここのところパケット使用量が少ないので
自分用にそれぞれの定額との比較用にグラフを作ってみた

使わない人向けのプランであることから、範囲を2000円以下に絞ったグラフも用意
ついでと言ってはなんだが、ドコモのパケ・ホーダイダブルを範囲を絞ったグラフに付け加えた。

全体

2000円以下の範囲

定額上限まで使っちゃう様な方々に、2段階定額自体が無意味
通常のWINのパケット単価よりも安く、
第1段階がそこそこ低いところから始まるんで、それなりに意味があるかもしれず

問題といえば
そんなに使わない人向けのという前提で
これらの定額に加入していると、
無料通話分の料金はパケット料金には適用されず、通話料金にしか使われなくなるというあたり
指定通話定額が始まって、無料通話分が余りだすと意味がなくなるプランになる予感。


09年7月31日
パケホーダイダブルの定額1段階目の価格が変更される発表がなされたので
グラフを修正

MOBILEDATABANK
取扱説明書が有料化へ
930SH/931SHにてかんたんな説明書のみが同梱されるようになる予定。取扱説明書はPDFにて無償ダウンロードできるが、取り寄せの場合は有料となる。

よくよく考えてみると
インプレス ケータイWatch
au、A5504Tで取扱説明書CD-ROM化の試み

と、auでも取説 非同梱はやってた事なんだよね
取説PFDが入ったCD-ROMを添付した上で、紙の取説は申し込めば無償でもらえたけど

取り寄せは有料化って無駄にネガティブに騒いでる感じにおもえるけど
かんたん携帯とかでやったら、問題にはなると思うが、そこまで、騒ぐ事でもないんでないの?
逆に930SH,931SHあたりだと、ケータイがあればPCは不要派層が使うと考えれば問題か


検索してもauも非同梱をやってたブログ記事が見当たらないので書いてみた
メインで使っているauの携帯電話をプランSSシンプル変更。
家族割りだの誰でも割を組んでんでシンプル980にはならないが
契約年数10年+年割で1400円ちょっと
何はともあれ、プランSSシンプルを継続使用するに当たってのメモ書き

プランxxシンプルな契約は、新規で持ち込みによる、契約はできないが
・既にシンプルプラン系契約を行っている場合、持ち込み端末増設を行ってもシンプルプラン系契約は継続される。

理由としては
auにおける「端末増設」は、
・機種変更を伴う端末増設
・機種変更を伴わない端末増設
の2通りあり、
通常の購入を伴う、端末増設であれば前者が適用されるが
持込による、端末増設は後者が適用となるため、契約条件等(料金プランとか)は継続される

機種変更を伴わない端末増設(持込端末増設)を行った際の問題点は
・修理等ができない等、事実上の無保証の端末をなる場合がある
「CLUB au」規定では
第3条 (本件特典の提供、内容など)
2-1. auアフターサービスの適用当社は、本会員が回線契約しているau携帯電話に故障や盗難・紛失などが発生した場合、以下の適用条件に基づきアフターサービスを提供します。
回線契約が存在しないんだから、修理等は不可と言われても文句は言えない。
(端末のメーカー保証1年はある、修理の際には購入時期を照明できるものが必要)
扱いのイメージ的には
機種変更した後、以前に使っていた携帯って事ぐらいでいいかもしれない
使うためには、ロック解除をしなきゃならんという不便さはある

当然の事だが、安心ケータイサポートの対象にもならない

ソースは、約款やら、各規約やら、客センの回答やらってことで
「CLUB au」が無料でも、そんなに悪いとは思えないサービスはしてるのもあるし
自分にとって、「安心ケータイサポート」が価値が無いものに見えてきたのでプラン変更のついでに解約してきた

とりあえず
「安心ケータイサポート(2008年6月10日版)」と以前から提供されてきた「CLUB au(2008年6月6日版)」による保証の範囲を比較表
  安心ケータイサポート規定
月額315円
CLUB au規定
無償
端末の
無償保証期間
5年
(メーカー保証1年 + au保証4年)
3年
(メーカー保証1年 + au保証2年)
保証外修理金額 無償 5250円
水濡れ、全損 5250円 10500円
端末紛失時 フルサポート解除料全額免除 フルサポート解除料一部免除
次回購入時 シンプルコースで購入:17,143円 (税抜)減免 シンプルコースで購入:5,715円 (税抜) 減免
ポイントバック 1000ポイント  
電池バック進呈 1年~2年までの間、
及び3年~4年までの間の計2回
 
客センからからの回答も合わせて、個別にだらだら書いてみる

「5年保証サービス/3年保証サービス」
自然発生する故障が対象になるのだが
規定では
保証期間内の無償修理は、取扱説明書などの注意書きに従った正常な使用状態で機器が故障した場合を保証対象とします。
と、あり
端末の製造メーカー/KDDIは、「取扱説明書などの注意書きに従った」使用をしていれば、基板は壊れないというスタンスをとっている
修理箇所が基板となった場合には、いかなる理由であれユーザーに使用に問題があったとして、無償修理になることはないとのこと。
受けられる補償の範囲が限定的になるので
3年が5年に延びることにより受けられる恩恵の意味に疑問を持ってみる
過去の経験上の話になりますが、
落下傷がある場合は、ユーザー側が落下させたという過失があったとして、まともに取り合わない場合がありますので、
その点も留意しておいたほうがよいかと思います。


「修理代金割引サービス」
規定を読む限りでは、ユーザー側の過失については、うたっていない
過失により液晶を割ったとか、
本体に亀裂が入ったとか、
カメラのレンズ(カバー)にヒビが入ったとか、
はたまたワンセグのアンテナを折ったとか

携帯電話が機能したまま、物理的破損となった場合に対象になるらしい(あくまでも、「らしい」)
先に書いた様に、故障の状況が基板による物だと全損扱いの有償修理になる


「紛失時あんしんサービス」
・保証期間は2年間と期間限定
・フルサポートで購入していた場合は、フルサポート解除料を免除
・金を出して買う事ができる端末は、紛失した端末と同じ端末
・購入価格に対する減免は「シンプルコースで購入する場合:17,143円 (税抜)」

フルサポート解除料を免除された上で、事実上の機種変更はできませんのであしからず
それなりに問題となると思われるのは、サポート業務を行うauショップでの販売価格
携帯電話併売店と比較して遜色がない価格とは思いがたい場合がしばしば

2年しか有効じゃないってのは、フルサポートの満了期間が2年だからなんだろうが
シンプルで買っても、同じく2年というのはどうかと、
購入についても、次回フルサポートで買う場合は、フルサポート価格と書いてあるが、それは当たり前のことを当たり前に書いてあるだけ
同じ金額を払っていてもサービスを削られるのはを契約し続ける意味を疑問視したくなる

もともと、それなりのサービスがあったから、こそでもあるが
こうやって見てみると、
「保険」としての「安心ケータイサポート」に月額費用を払う価値を見出す事ができなくなる。
ポイントバックとか電池パック提供に、価値を見出せるなら、それでもいいのかもしれない。
生活環境が変わってからというもの
パケット定額でなくても良いんじゃないかという位までパケット使用量が激減
4月から傾向は見えてたんで、ダブル定額ライトに変えてる

魅力ある端末も、サービスも出てこないし惰性で使ってるだけに、成り下がりつつある状況で
月額に無駄な金を払うのもバカバカしくなってきたので
ポイントも貯まってたのもあって
フルサポートコースを解除してプランSSシンプルにしてみた。

5月まではau端末も2台体制だったんで一人家族割りを組んでいたんだが、
現状では解約して1台を年割のみ
惰性で使っているauで、2年も拘束される誰でも割なんて使う気は無いので
基本料金が980円にはならないが、今よりは安くなるのでヨシとしてみる

解約でauショップに足を運んだときもそうなのだが
携帯電話の新規加入者の数を見る限りでは不人気携帯電話屋にに成り下がっているauらしく
事ある毎に誰でも割の勧誘が入ってくる
マニュアル通りにしゃべってはいるんだろうが、とにかく鬱陶しい

見かけ上でも値引き要件(誰でも割)と端末制限(フルサポート)の両方で、
顧客を縛り付けなきゃならん程、困ってるとするならauの行く末は無いわな
大義名分で孤立しかねない現状もだが
メインストリームだけで、ニッチな方向には行く気はないみたいだし

現状ではauの他にはソフトバンクもある
スパボ一括+ホワイトプランで「今が安い」だけだし
メインに据え置くつもりは無いんで惰性は続くかもしれず
これから、YahooBBの手を同じく、いかに金を獲るかを考えて行くんだろうと思うとなおさら
NTTドコモ パッセージ TC-631SEの電話帳編集をしなければいけない環境に放り込まれてみる

型番の後ろにSEとかついていてもシャープ端末

ソニー、というよりはソニーエリクソンの国内向け 携帯電話で
SEと付くのは、1機種しか思いつかないけど


肝心の電話帳編集なんだが
パルディオ電話帳エディタは631Sに設定してしまえば、何の問題も無く編集可能
さすが、ドコモブランドの製品

接続は先のUSBケーブルで繋いだが特に問題がなかったんで、純正データカードでも問題は無い(ハズ)
むしろ有ったらおかしいと思うが、一応非公式環境
そもそも、パルディオじゃないしね

関連記事
PHS 電話帳編集メモ (NEC Carrity PS5C-NS/パナソニック VB-C911A 編)
PHS 電話帳編集メモ その2 サードパーティーUSBケーブル編
PHS 電話帳編集メモ その3 TC-631SE編
ドコモの「パルディオ電話帳エディタ」の転載と、電話帳転送

サブカテゴリ:
3月いっぱいで、ソフトバンクの2G端末新規契約を停止するのを受けて
603Tにはお役御免になって頂き、

今は、携帯電話製造から、手を引いているパイオニアの端末
J-PE02で契約してきた。

1999年10月29日発売にして、メインにはキーを廃して全面タッチパネル採用という、
いろんな意味、素晴らしい仕様

通常使用する際には、縦画面なのだが
設定画面、メール等の際には横画面モードに
スカイメール(SMS)入力時には、
QWERTY配列によるローマ字入力を実現

エディットエリアは1行しかない上に、連文節変換なんか出来ないのは時代です。

液晶パネル以外のユーザーインターフェイスに目を移すと
使い勝手の良い、ジョグダイアルを備えるが
全てのサイドキーが本体左側に集約され、左手で使用する事を前提とした設計

にもかかわらず、イヤホン端子も左側にあるという謎仕様

背面には、さり気無くJ-PHONEのロゴが、妙に美しい(笑
携帯電話キャリアおよびウィルコムのPC向け定額データ通信サービス(結構適当な)一覧表

データ通信端末はPCと何で接続するかが中心
あと、あった方が事柄を多少載せてる
上限まで使用したときの金額のみ記載
期間限定割引サービスは取り合えず、除外

 

ドコモ

ウィルコム

au

イー・モバイル

理論上限速度

3.6M/384k

408k(800k)

204k(400k)

2.4M/144k(3.1M/1.8M)

3.6M(7.2M)/384k

(補足)

  8x 4x    
端末 CF
Expressカード
(未発売)
PCカード
USB
PCカード PCカード
CF
USB
Expressカード
CF CF
USB
実質的な速度

300k~1.5M

32k~400k

32k~170k

60k~1M

300k~2M

(補足)

プロトコル制限あり

-

帯域制限あり

-

契約プラン名 定額データプランHIGH-SPEED

新つなぎ放題

WINシングル定額

データプラン

バリュー

 

フルサポート

シンプル

-

新にねん

2年割

上限金額

5,985

6720

3,880

6,930

5,985

5,980

4,980

契約期間(サービス)

2年

2年

2年

-

-

2年

ペナルティ(サービス)

9,975

9,975

9,975

-

-

公式ページへリンク

(適用除外)

    W-VALUEセレクトの期間        
契約期間(端末)         2年      
ペナルティ(端末)         フルサポート
解除料
     
ISP

moperaU

別途
単独でなければ大抵無料

W05K まとめサイト

-

ISP料金

800

特記事項 Windows2000以降のOSのみ   W05Kは結構電気喰い  
もちろん、自分の比較検討用に作成
ドコモについては、まだサービス開始前

ドコモ
・ISPがmoperaU固定
・定額データプラン接続ソフトが必要,windows2000以降のOSのみサポート
・いわずと知れたポート制限

ウィルコム
・他に比べれば、値段6割,速度は遅い
・端末は選べるが、4xまで大半
・8x + W-OAM typeG はPCカード端末のみ、エリアは無いに等しいけど
・田舎に行けば下手すれば1x、良くて2x
・ISPの費用は、自宅でネット環境があるなら大抵無料のところ多し

au
・エリア広大
・理論値ってなんですか?って位、遅い
・W05Kは割かし電気喰い
・ISPによっては速度低下しまくり

イーモバイル
・エリアが極小
・ISP費用なし


モノの見事に一長一短ありすぎ
仕切りのひとつに、地方で使うか否かか
安いので食わず嫌いとか言わないで、とりあえず使うが
現実として、完全に対ソフトバンクユーザー音声専用ケータイとなっているソフトバンクの端末

メール,ウェブのパケット料金に関する部分をみると

ホワイトプラン,ゴールドプランでソフトバンク宛は無料と記述するのみ

左端に※1と書いてあってその内容は、

「SoftBank 3Gは全角最大128文字相当の受信料が無料」
2Gでは全角192文字分相当は無料だったが
全角128文字相当とキリの良い数字になってしまった物の、やはり受信料無料部分は健在

健在は健在なんだが
端末自体の設定は、メールの長さ,添付に拠らず全て受信になってるのが初期設定
はみ出す部分を手動受信に設定

そーいや、端末でのウェブ制限もそうだが、
使用方法の制限でウェブだけを止めてメールだけを使うって事は出来ないのね
これらの理由は解からんでもないけどねぇ
auとSoftbankの違いとか感じだ事等をグダグダ書きます

通話が安い。

基本料金,通話単価の安さがSoftbankの存在価値であり、これらを主軸として契約者数を伸ばすのが現状の戦略
(2008年3月期第3四半期決算説明会より意訳)
という事だが

通話以外の部分で見ると、金を払わないとだめっぽい部分多数
その1つが、基本オプションパック

無料期間があるからと契約時には気にして無かったが、改めて確認してみるとどーも納得がいかない
特にそう感じるのが
・非対応端末で使えなくとも、パックなんで金は取られる
・単独契約で「位置ナビ」の存在価値があるのか?
こんなところ
とりあえず、類似サービスを並べてみた
基本オプションパックは、月額約500円
金額は特に指定が無ければ、単体契約の月額料金、S!ベーシックパック/EZwebは使っていることは条件にしておく
  Softbank au 補足事項
留守番電話(無料) 無料
初期設定では無効
無料
初期設定では有効
保存は共に20件,48時間
留守番電話(有料) 315円
初期設定では無効
保存は30件,1週間
キャッチホン 210円 無料 au:cdmaOne1xは210円
オンライン
電話帳バックアップ
105円 無料 迷惑メールブロックauには無し
紛失時の携帯の検索 客セン:基本オプションパック申込者のみ
オンライン:位置ナビ/自分検索 210円
オンライン:315円/1回 SB:位置ナビ/自分検索には5.25円/1回
携帯の遠隔ロック 基本オプションパック申込者のみ 無料  
他者通話 210円
3人まで
210円
3人まで
 
ホワイトプランで、ソフトバンクユーザー間は安いんだから文句言うなと言われればそーかもしれないし
使わないサービスがあるからauは高いんだとも言える

仮に、MNPでauからの移行でオレンジプランで契約してて、
基本料金が200円安いだけでここまで違っていたら、絶対に納得が出来ない部分だろな
近所のソフトバンクのショップの場合だが
ここで契約する人の大半が、ホワイトプラン
ブルーとオレンジ合わせて契約数全体の1割も居ないてーのが実情だそうだ
新しい記事へ移動する  
  過去の記事へ移動する
トップへ

買い物

FC2Ad

書いてる人:もーん@管理人

苦情・罵倒等はこちらから。

買ったモノ
ワンセグ向けブースター
exemode
B660
[関連記事]
テンキー + 電卓 + マウス
Canon
LS-100TKM
[関連記事]
microSD + SDカードリーダー
ロアス
CRW-2M32
[関連記事]
USB片手キーボード
ミサワホーム
CUT Key
VC-201
[関連記事]
USBワンセグチューナー
サンワサプライ
VGA-TV1S
[関連記事]
ポータブルナビゲーションソフト
edia
MAPLUSポータルブナビ
GPSアンテナ同梱版
[関連記事]
テレビゲーム機
SCEI
PLAYSTATION 3
HDD 60GB
[関連記事]
簡易型積算電力量表示器
タケモトデンキ
エコワット
T3T-R
[関連記事]
USB接続HDDケース
センチュリー
ドライブドア テラタワー
[関連記事]
BlueToothネックバンド型
ヘッドセット
mobilecast
MPX2000AD
[関連記事]
ブログ内検索
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
サブカテゴリ
カテゴリ
アーカイブ
管理用
試験用プラグイン
not_index_area
not_permanent_area
not_date_area
category_area
not_search_area

デジモノ
スカパー!
garmin
topentry_same
ドコモ
掃除
XR250
PHS
Foretrex201
PS3
今日のおやつ
WindowsMobile
softbank
日付単位
docomo
au
au
au
au
au
au
PHS
softbank
au
docomo
softbank
softbank
copylight
もーん@しるえっと どっと ほーりー
注意事項
時間経過、法令等改正による現行法令等との不整合、誤認等による記事の修正を行っていない場合があります。掲載月日は各記事右上に記載してありますので、ご確認くださるようお願いいたします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。