FC2ブログ

しるえっと どっと ほーりー

日記と気になるネタ、あと自分で気が付いた事を忘れない為にメモ書き等
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総務省(soumu.go.jp)は、開けるんだが
内部部局の中で統計局だけが独自ドメイン(stat.go.jp)で、盆、正月、連休になると大抵、落としてるっぽい
ネタ作り用に国勢調査とか家計調査のデータを落としたいときに困るんだよな。
連休の暇つぶしには、ちょうどいいのに
今更って感じのマクドナルドの地域別価格の話

およそ3800店あると言うマクドナルドの内
値下げされたのが
 宮城、山形、福島、鳥取、島根
店舗数にしてみると130店弱
鳥取と、島根に至っては鳥取9店、島根7店
と店舗そのものが少ないので影響は小さいって判断なんだろう

据え置かれた所を含めて注目すると
東北に偏っているが、秋田のみは小さく値上げ
ちなみに、沖縄も小さく値上げなので、店舗の運用コストとか賃金のみの要因だけでは(一応の傾向はあるが)説明はつかないだろうと思って
(沖縄の場合、米軍基地と言う特殊事情があるので、多少上げても影響はないってオチかもしれないが)
家計調査から何か得られることは無いかと思って眺めてみた。
参照データは、いつものように
平成18年 農林漁家世帯を含む結果
<品目分類> 1世帯当たり年間の支出金額,購入数量及び平均価格 都道府県庁所在市別


外食・ハンバーガーに対す頻度と支出金額の順位
(各都道府県の県庁所在地に加えて、川崎市と北九州市を入れて49都市)
都市
頻度
支出金額
青森市4949
盛岡市4747
仙台市4231
秋田市4848
山形市3838
福島市3142
ものの見事に、下から数えたほうが早いです。青森市に至っては、どっちも最下位
頻度の1位は那覇市、支出金額の1位は川崎市、青森市と比べるとその差はどっちも3倍。
コレだけではハンバーガーを食べる傾向にはないというのが分かるだけ

ひとまず、東北で唯一値上がりとなった秋田から見ていくと
食費とか外食に関すると所で、多少なり特異な部分が見えてくる
・食費に対する外食の支出金額の比率:最下位49位
・外食にかけるお金:47位
・外食支出とハンバーガー支出の比:、39位
・食費対外食の比率の順位
順位
都市
49秋田市
48静岡市
47宇都宮市
46福井市
45東京都区部
44川崎市
43福岡市
42奈良市
41那覇市
40広島市
39大津市
・外食の支出金額の順位
順位
都市
49那覇市
48静岡市
47秋田市
46宇都宮市
45福井市
44福岡市
43奈良市
42広島市
41山口市
40東京都区部
39川崎市
・外食支出金額とハンバーガー支出金額の比率
順位
都市
49長崎市
48青森市
47盛岡市
46佐賀市
45岡山市
44松江市
43神戸市
42宮崎市
41京都市
40徳島市
39秋田市

と、
外食のうち、ハンバーガーに対するウエイトがちょっとだけ大きい(客単価が少しだけ高い?)
家計調査だけで見ると、他に対してちょっとでも、優位である要件があるなら値上げ?
悪く言えば「基本的に値上げなんだし、取れるところなんだから取ってしまえ」
と、無理やり結論付けてみる
実際には、この下に福島、宮城、間あいて山形って続くんだよなぁ


長くなってたし時間もないので
他の東北5県を無理やり考えるのは次回に回します


総務省統計局が平成19年3月2日に公表した家計調査によると
平成19年1月の納豆の購入において
全国でもっとも納豆が売れない和歌山市で
過去6年間の1月の平均と比較して1.81倍ともっとも高い伸び率であったことが判った。
この他、高い伸び率を示した上位地域は鹿児島市(1.59倍)、佐賀市(1.56倍)、広島市(1.47倍)、福岡市(1.43倍)であった。
伸び率の高い地域は、納豆をあまり食べない関西地域かと思われたが、大阪市は1.11倍と低い数字に抑えられている
これは、納豆なんか食わなくても美味いものは沢山あるということなんだろうか?
また、意外にも水戸納豆でおなじみの水戸市でも1.29倍とそれなりの伸び率を示していた。
支出金額は高くても、購入頻度が低い言った怪しい結果の水戸市ならではと考えられる(かもしれない)。

この異常な伸び率の原因は、テレビ番組制作に関する倫理観問題にまで発展した
発掘あるある大辞典II(1月7日に放送分)の影響であることは、疑う余地は無い。

他の地域における伸び率は以下の通り。
(特に高い伸び率を示す地域にはマーキングをしてみた)
都市名過去6年平均値
との比較
札幌市113%
青森市96%
盛岡市127%
仙台市110%
秋田市106%
山形市107%
福島市113%
水戸市129%
宇都宮市136%
前橋市88%
さいたま市136%
千葉市113%
東京都区部105%
横浜市114%
川崎市122%
新潟市114%
富山市111%
金沢市118%
福井市102%
甲府市103%
長野市135%
岐阜市127%
静岡市104%
名古屋市112%
津市133%
都市名過去6年平均値
との比較
大津市113%
京都市94%
大阪市111%
神戸市132%
奈良市111%
和歌山市181%
鳥取市115%
松江市101%
岡山市106%
広島市147%
山口市125%
徳島市96%
高松市117%
松山市134%
高知市120%
北九州市127%
福岡市143%
佐賀市156%
長崎市93%
熊本市128%
大分市103%
宮崎市104%
鹿児島市159%
那覇市129%



と、いうことで
家計調査という、消費者レベルの調査結果から
発掘あるある大辞典で紹介された納豆ダイエットの影響が、
知りたいから(重要)調べてみた
よりによって、購入頻度の伸び率で和歌山市がトップに来るとは思わなかった。

ついでのデータ
「1世帯当たり1か月間の日別支出」
何日に納豆にいくら使ったかの全国平均値
参考値として、平成18年1月分も併記する。
放送直後の8日から急増、20日過ぎにひとまず落ち着く。
1世帯当たり1か月間の日別支出の全国平均値


総務省統計局による平成18年家計調査
都道府県庁所在市別1世帯当たり支出金額によると
水戸市民が納豆に使う金額は、
1世帯あたり年間6,332円と前年度を100円弱上回り
僅かな金額であるが、長年1位を抑えてきた福島市より奪還したことが明らかになった
上位10都道府県庁所在地は以下の通り
順位都市名支出金額
1水戸市6,332
2福島市6,305
3青森市5,699
4盛岡市5,584
5山形市5,522
6宇都宮市5,474
7富山市5,423
8仙台市5,362
9秋田市5,198
10前橋市5,110

下位10都道府県庁所在地は以下の通り
順位都市名支出金額
1和歌山市1,629
2大阪市2,107
3高知市2,403
4神戸市2,427
5岡山市2,524
6徳島市2,608
7鳥取市2,628
8高松市2,800
9那覇市2,902
10北九州市3,008

産官学民が一体となった納豆のまちづくりプロジェクトの効果が出てきたのではないかと思いたいところではあるが、
単純に支出金額だけを見れば全国1位、しかしコレについて多少の疑問点はある。
この家計調査には、他に購入頻度、購入数量、平均価格という項目もある
全ての項目にあるわけでは無いけど。

納豆に関しては、平均価格が出ていないので
単純に支出金額を100世帯当りの購入頻度の100分の1の数値で割ってみた。
コレを見てみる(面倒くさいので先の上位10都道府県庁所在地)
都市名支出金額購入頻度
(100世帯あたり)
平均価格
水戸市 6,332 4,133 153
福島市 6,305 5,018 126
青森市 5,699 4,542 125
盛岡市 5,584 4,999 112
山形市 5,522 4,689 118
宇都宮市 5,474 4,371 125
富山市 5,423 4,524 120
仙台市 5,362 4,468 120
秋田市 5,198 4,338 120
前橋市 5,110 4,038 127
全国平均金額は125円
他の高い所(甲府、奈良、鹿児島)で142円程度
圧倒的に水戸市の金額が高い事がわかる。

納豆という商品の消費傾向は、
財布が厳しくなる月半ばから月末にかけて給料日直前に消費が伸びるという
庶民の味方的な傾向が強い食品。
水戸といえど、そこだけ高級志向というのもおかしな話
単に支出金額の達成という数字に誤魔化されてはいないだろうか?


念のために言っておくけど
水戸市民が買う納豆はワラに入っているヤツをを食べているんだろうとか言われかねないが
元水戸市民の端くれとして言わせて貰うが、
個人的にはスーパーで売っているのはおいそれとは見ないし、買わない(と思われる)。

支出金額等他の地域のデータはこちら
HTML化するのが面倒だったんで750px×486pxの画像です。


インスタントラーメン、カップラーメンの生みの親、
安藤百福氏がなくなられたことは、各メディアにより報じられておりますね。
ご冥福をお祈りいたします。
ウィキペディアの同氏の項を見てみると
>長寿・健康の秘訣は週1回のゴルフと毎日欠かさず食べるチキンラーメンであったという。
それだけを食べているわけではないだろうが栄養的には問題ないわけですね

さて。
それで、終わっては他と同じ。
それじゃあ、面白くないので、例によって例の如く(多分、違う)
総務省統計局による平成17年度家計調査より
第4-1表
都市階級・地方・都道府県庁所在市別1世帯当たり支出金額,購入数量及び平均価格
(農林漁家世帯を含む) から。
カップラーメン、インスタントラーメンの
都道府県庁所在市別1世帯当たり支出金額を調べてみた。
この調査では、
二人以上の世帯を対象としていて単身世帯は調査対象としておりません
カップラーメンを「カップめん」、インスタントラーメンを「即席めん」と表記していますが判り難いので、言い換えます。
ラーメン以外を差別するなとか言わないでね。
そーいえば、パッケージがカップラーメンスタイルのピラフとかあったよなー。ずいぶん前になるけど
お湯をいれて、しばらくしてから捨てて、またしばらく待つってヤツ

都市別 消費ランキング カップラーメン
順位都市名世帯あたり
購入金額(円)
鳥取市3,998
青森市3,957
秋田市3,943
富山市3,657
新潟市3,971
広島市3,257
福島市3,627
盛岡市3,575
高知市2,949
10熊本市2,874
11甲府市3,321
12山形市3,293
13仙台市3,415
14長崎市2,855
15大津市2,818
16宇都宮市3,290
17横浜市3,049
18岡山市2,884
19名古屋市2,859
20川崎市3,226
21徳島市2,593
22長野市3,160
23静岡市2,689
24札幌市3,018
25千葉市2,765
順位都市名世帯あたり
購入金額(円)
26山口市2,719
27大分市2,649
28金沢市2,843
29京都市2,621
30和歌山市2,642
31鹿児島市2,623
32前橋市2,788
33北九州市2,714
34松山市2,376
35さいたま市2,854
36高松市2,739
37佐賀市2,298
38松江市2,505
39東京都区部2,629
40岐阜市2,489
41宮崎市2,444
42福岡市2,108
43大阪市2,480
44神戸市2,536
45津市2,579
46水戸市2,900
47福井市2,430
48奈良市2,179
49那覇市2,005
   

都市別 消費ランキング インスタントラーメン
順位都市名世帯あたり
購入金額(円)
鳥取市2,847
熊本市2,200
高知市2,185
広島市2,046
徳島市1,929
長崎市1,898
大津市1,892
福岡市1,827
青森市1,821
10富山市1,808
11佐賀市1,775
12松山市1,749
13静岡市1,733
14大分市1,726
15名古屋市1,692
16岡山市1,683
17山口市1,683
18千葉市1,638
19京都市1,638
20和歌山市1,603
21横浜市1,594
22甲府市1,586
23鹿児島市1,585
24盛岡市1,576
25秋田市1,567
順位都市名世帯あたり
購入金額(円)
26福島市1,537
27松江市1,533
28宮崎市1,510
29那覇市1,505
30岐阜市1,503
31山形市1,479
32北九州市1,454
33金沢市1,452
34大阪市1,447
35宇都宮市1,413
36奈良市1,400
37札幌市1,395
38前橋市1,392
39福井市1,391
40東京都区部1,378
41神戸市1,362
42新潟市1,357
43高松市1,346
44仙台市1,342
45長野市1,315
46川崎市1,306
47津市1,305
48さいたま市1,233
49水戸市983
   
両項目において鳥取市が1位
単純に足し算をすると、2位、3位の青森市、秋田市を大きく引き離しダントツの1位ともなる。
鳥取はラーメン好きなのかとか思って「中華めん」で、みると20位
麺類全体でみると8位とはなるが、
外食の「日本そば・うどん」「中華めん」を調べてみると、低い部類にはいる

ちなみに麺類全体の上位は
高松市、秋田市、盛岡市、富山市、山形市と並んでます。
特筆すべき点は、高松市の「生うどん・そば」
全国平均の2倍以上を購入。納得するだけで、別に驚きはしないが
同項目の2位以下が前橋市、甲府市、長野市と蕎麦処が並ぶあたりは意外かも。


他界してしまった祖父がまだサラリーマンだった頃
給料日には決まって祖父が大好物だった鰻丼だった。
流石の浜育ちの祖母もウナギをさく事はできなかったらしく
駅前の鰻屋でさいて貰っていたらしい。
蒸すところから先は祖母がやっていました。
関東以北人なので関東流。鰻は蒸します。

そーゆーことなので土用丑の日は鰻という平賀源内の策略にはまる訳でもなく、毎月鰻を食っておりました。
そんな事情だったりするので
特に感慨深いとかって事はなく、なんとも思ってなかったり。
ある種の贅沢者かと、今となっては思うわけです。
当時は養殖とか輸入品が多量にあった時代ではなかったため、今ほど安価では無かったはずです。
親に聞いてみたところ国産のそれなりのウナギだったらしい。

さて、ここ数年うなぎの値段は上がっているようで、
最高値だった去年の値段を上回る金額で取引されているようです
1kg当たりの価格が100円ぐらい高く2000円前後らしい
原因として挙げられるのが輸入の主力となっている中国産のうなぎで
残留薬品の規制に関する法律とか規制(正式名称不明)の影響で
輸入が激減しているらしい。
よーするに中国からの食品の安全性に問題があるから検査を強化
 asahi.com:ウナギ高騰、稚魚不漁と原油高が影響
 西日本新聞:うなぎ急騰 中国で検査強化 輸入減り品薄感 「丑の日」控え業者悲鳴
中国産の食品の安全性については比較的問題視されている話なのですが、
細かいことを気にしていたら食うものなんて無くなるので神経質には気にしない方向性で生活をしてます。

なにはともあれ、今年の7月23日と8月4日が丑の日
鰻ネタで総務省統計局による平成17年度家計調査より
第4-1表 都市階級・地方・都道府県庁所在市別1世帯当たり支出金額,購入数量及び平均価格
調理食品の「うなぎのかば焼き」を抜き出してみました。
要するに都市別 消費ランキングです。
順位都市名世帯あたり購入金額(円)
津市5,534
名古屋市5,515
大津市5,456
京都市5,405
和歌山市5,109
奈良市5,040
大阪市4,952
神戸市4,930
岐阜市4,916
10横浜市4,878
11さいたま市4,775
12千葉市4,770
13東京都区部4,680
14金沢市4,502
15川崎市4,474
16徳島市4,467
17静岡市4,168
18広島市4,091
19富山市4,077
20甲府市3,825
21宇都宮市3,791
22鳥取市3,727
23松山市3,563
24岡山市3,549
25仙台市3,386
順位都市名世帯あたり購入金額(円)
26松江市3,373
27北九州市3,323
28前橋市3,323
29長野市3,223
30水戸市3,220
31長崎市3,178
32秋田市3,135
33高松市3,132
34佐賀市3,116
35鹿児島市3,108
36山形市3,057
37高知市2,962
38福岡市2,873
39福島市2,718
40青森市2,669
41福井市2,651
42盛岡市2,635
43大分市2,593
44熊本市2,542
45山口市2,531
46新潟市2,469
47那覇市2,444
48宮崎市2,392
49札幌市2,220
   


総務省統計局による平成17年度家計調査の結果
福島市民が納豆に使う金額は、
1世帯あたり年間6,259円と、納豆と言えば水戸の水戸市民の5,822円を抑えて、全国1位であることが明らかになった。
 市民が納豆に使う金額について、ここ数年福島市に全国1位を抑えられており、水戸市水戸市消費生活センター及び水戸商工会議所では、
納豆購入金額全国1位奪取を目指し抜本的な対策に乗り出すなんて話はしておらず
仮にそんな事に予算使うくらいなら下水道未整備地区の早急な整備と、ン千億に上る市債残高をどうにかすべきであると思われます。

日本国民が納豆に使う金額は1世帯あたり年間3,914円
もっとも購入金額が少なかったのは和歌山市で1,882円

データを並び替えるのが面倒だと言う理由で
「平成16年度」の都道府県庁所在市別1世帯当たり年間の納豆に対する支出金額順位は以下の通り
前年度1位は福島市
順位世帯あたり購入金額(円)都市名
6,765福島市
6,682水戸市
5,783青森市
5,745盛岡市
5,710前橋市
5,698富山市
5,599宇都宮市
5,381横浜市
5,314山形市
105,250長野市
115,057仙台市
125,038秋田市
134,931さいたま市
144,920川崎市
154,882千葉市
164,874札幌市
174,704東京都区部
184,646熊本市
194,422新潟市
204,389静岡市
214,268佐賀市
224,212甲府市
234,173金沢市
244,006福岡市
253,943鹿児島市
順位世帯あたり購入金額(円)都市名
263,941宮崎市
273,940大津市
283,768福井市
293,741長崎市
303,624津市
313,601北九州市
323,585大分市
333,531名古屋市
343,445松江市
353,429山口市
363,187奈良市
373,179那覇市
383,142岐阜市
393,035松山市
403,025広島市
412,984京都市
422,858高松市
432,761鳥取市
442,724岡山市
452,650大阪市
462,598徳島市
472,554高知市
482,494神戸市
491,976和歌山市
この家計調査のデータって眺めてると結構暇はつぶせるなぁ。

 
 
トップへ

買い物

FC2Ad

書いてる人:もーん@管理人

苦情・罵倒等はこちらから。

買ったモノ
ワンセグ向けブースター
exemode
B660
[関連記事]
テンキー + 電卓 + マウス
Canon
LS-100TKM
[関連記事]
microSD + SDカードリーダー
ロアス
CRW-2M32
[関連記事]
USB片手キーボード
ミサワホーム
CUT Key
VC-201
[関連記事]
USBワンセグチューナー
サンワサプライ
VGA-TV1S
[関連記事]
ポータブルナビゲーションソフト
edia
MAPLUSポータルブナビ
GPSアンテナ同梱版
[関連記事]
テレビゲーム機
SCEI
PLAYSTATION 3
HDD 60GB
[関連記事]
簡易型積算電力量表示器
タケモトデンキ
エコワット
T3T-R
[関連記事]
USB接続HDDケース
センチュリー
ドライブドア テラタワー
[関連記事]
BlueToothネックバンド型
ヘッドセット
mobilecast
MPX2000AD
[関連記事]
ブログ内検索
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
サブカテゴリ
カテゴリ
アーカイブ
管理用
試験用プラグイン
copylight
もーん@しるえっと どっと ほーりー
注意事項
時間経過、法令等改正による現行法令等との不整合、誤認等による記事の修正を行っていない場合があります。掲載月日は各記事右上に記載してありますので、ご確認くださるようお願いいたします。
FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。